FC2ブログ

北海道・中富良野町「ファーム富田」のラベンダー畑

 今日で7月が終わってしまいますが、まだ関東は夏らしい空が現れませんね。明日から8月ですか・・・せめて爽やかな画像でもどうぞ。

 私の北海道のあこがれは、このラベンダーです。これが見たくて初めて渡道した際、真っ先に足を運んだのが富良野でした。そしてその光景と甘い香りに魅せられて足繁く通うことになりました。
 中富良野にある「ファーム富田」は、国鉄のカレンダーでも取り上げられてメジャーでした。でも思いのほかこの鮮やかな色を撮るのは難しく、くすんだような色になってしまったり、花がベストな時期に訪問できなかったり、そもそもその年は曇りばかりだったりと、けっこう難儀しました。
 この年は天気もよく、最高のシチュエーションで撮影することができました。

 まだ今ほど訪問者もインバウンドも多くなく、散策する観光客の合間を縫えば撮影するのも容易でした。昨今はどうなんでしょうね。
 掲載画像は、人物が写っているのですが、これを意識したフレーミングにしたものです。写っていない方がいいともいえますが、この程度の大きさなら風景としての雰囲気を壊すこともないので、レリーズしました。

 最近北海道の訪問といえば、冬の、しかも釧路ばかりで他の地域に行きませんが(某列車の撮影のためですね。笑)夏の北海道も、久々に行ってみたくなりました。

【 撮影データ;1991年7月 北海道空知郡中富良野町 ファーム富田 】
スポンサーサイト



コメント

giuliette5557

珠玉の1枚!
おはようございます!目の覚めるような美しさ。。。本当にさわやかな作品に心奪われました。貴兄の美への意識が素晴らしい作品を生んだのでしょう。。。最高傑作ではないでしょうか。上品な1枚で拍手喝采です!

ぽりっぴぃー

本州(内地)には無い
響鉄さん、コメントありがとうございます。
やはり北海道、内地にはない景観が広がっていますね。こちらのファーム富田は、逆方向を見ると十勝連峰が見えて、富良野線とラベンダーのコラボも狙えました。
その画像は、実家にあると思うので、探しあてたらアップしようと思います。

非公開コメント

ぽりっぴぃー

昭和~平成初期にかけて鉄道を撮って、いっとき富士山や四万十川などの風景写真に傾倒していましたが、2006年頃から再び「鉄道」に帰り咲いています。
主に地元小田急をはじめ、蒸機撮影、ローカル線を中心とする「鉄道風景」が被写体です。
 ご高覧くださいますようお願いいたします。

プロフィール

ぽりっぴぃー

Author:ぽりっぴぃー
昭和~平成初期にかけて鉄道を撮って、いっとき富士山や四万十川などの風景写真に傾倒していましたが、2006年頃から再び「鉄道」に帰り咲いています。
主に地元小田急をはじめ、蒸機撮影、ローカル線を中心とする「鉄道風景」が被写体です。
 ご高覧くださいますようお願いいたします。

鉄道風景撮り人日誌